FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ribaudy.blog.fc2.com/tb.php/305-d420d6b8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

今週の脳内棋譜並べ

今日のNHK杯は千田さんが快勝しましたね。久保さんまるでいいところなく完敗でした。
角が働いてなければ角銀交換してもよいという大局観は勉強になりました。決勝千田ー村山楽しみです。

先々週からはじめた脳内棋譜並べですが、今週は伊藤観寿の将棋図巧に取り組みました。将棋図巧といえば超難解詰将棋で有名ですが、手順を覚えるだけならそれほど難しくありません。
攻めたり受けたりの実戦よりもひたすら王手する詰将棋の方が覚えやすいですね。
160313_5.jpeg 160313_2.jpeg
図からの指し手
▲5四銀 △7五王 ▲8七桂 △8六王 ▲6六龍 △同龍 ▲9五角成 △7六王 ▲7七歩 △同龍 ▲同馬 △8五王 ▲1五飛 △2五飛 ▲同飛 △同角 ▲9五馬 △7六王 ▲2六飛 △3六飛 ▲同飛 △同角 ▲7七馬 △8五王 ▲3五飛 △4五飛 ▲同飛 △同角 ▲9五馬 △7六王 ▲4六飛 △5六飛 ▲同飛 △同角 ▲7七馬 △8五王 ▲8四飛 △同王 ▲9五馬 △8三王 ▲8二金 △同歩 ▲7五桂 △同香 ▲8四歩 △9二王 ▲8一銀 △9一王 ▲8二と △同王 ▲7二金 △9一王 ▲9二歩 △同角 ▲同銀成 △同王 ▲7四角 △9一王 ▲8二金 △同王 ▲8三歩成 △7一王 ▲6二馬 △同王 ▲6三銀成 △6一王 ▲7二と △5一王 ▲5二成銀 まで69手で詰み
何回も頭で再生して暗記しましたが、つくづくこの詰将棋はよくできているな、素晴らしいなと思いました。
最初に銀を打ってから龍を捨てて相手の龍を取る(▲77馬)までが第一段階
飛車を遠くから打って角のこで角をひっぱってくる(△56同角)のが第二段階
玉を下段に追って打歩詰めを打開する(▲92歩)のが第三段階
最初に打った銀が最後にとどめをさす(▲52成銀)最終段階
これは是非皆さんに覚えていただきたい詰将棋です。

もうひとつは去年のA級順位戦渡辺ー郷田戦です。
160313_3.jpeg160313_4.jpeg
図からの指し手
▲6五歩 △4二角 ▲3五銀 △3四歩 ▲3三桂成 △同金上 ▲3四銀 △同金右 ▲3七香 △4三銀 ▲3八飛 △3二香 ▲1四歩 △同歩 ▲1三歩 △同香 ▲1二歩 △同王 ▲3四香 △同金 ▲1四香 △同香 ▲1三歩 △2二王 ▲1一銀 △3一王 ▲1二歩成 △4一王 ▲2一と △4五金 ▲9四桂 △9二飛 ▲5八飛 △5二王 ▲1三角成 △8六桂 ▲3一と △9七香 ▲8六歩 △3七香成 ▲2三馬 △3一角 ▲2二銀不成△4七成香 ▲3一銀成 △5八成香 ▲4一馬 △5三王 ▲6四角 △6二王 ▲8二桂成 まで先手勝ち
A級順位戦でこれだけ一方的に勝った将棋は珍しいです。先手玉が開始と終了でほとんど形がかわっていません。渡辺さんの▲34銀の銀捨てから歩切れをついた▲37香~▲38飛の3筋雀刺し(真の狙いは▲35歩~▲25歩~▲34歩)を見せて、△32香と受けさせ2歩で端を破る。流れるような一連の手順はすごく勉強になります。
後手の手も勉強になりました。途中何回か手番が回ってくるのですが(△52玉、△86桂、△97香、△37香成)まずは玉を逃げる、そして攻めるのが本筋。当たり前ですが今の私にはちゃんとできていません。自玉を安全にしてから攻める、鉄則ですね。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ribaudy.blog.fc2.com/tb.php/305-d420d6b8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

koh

Author:koh
30代会社員の将棋上達日記です
好きな棋士 
渡辺明 郷田真隆 
金井恒太 井上慶太

最新トラックバック

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。