スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭の中で駒を早く動かすトレーニング(高速脳内棋譜並べ)

先日A級順位戦の最終局を観戦したのですが、解説の田村さんの早見えに衝撃を受け、脳内で駒を早く動かすトレーニングをしようと思いたちました。詰みが見えないのは勉強不足で仕方ないですが、頭の中で駒を動かすスピードを上げるのは訓練で向上できそうだと思ったからです。
■方法
・プロの棋譜で一方的に攻めて勝つ将棋を中盤から丸暗記する
・頭の中で何回も再現する
・高速で動かすことを意識する
まず題材としたのは以下の2つです
1.光速の寄せの谷川さんの快勝譜
160306.jpeg 160306_2.jpeg
図からの指し手
△7五歩 ▲同歩 △同角 ▲4六銀 △4五歩 ▲5七銀 △7三銀 ▲6五歩 △7四銀 ▲6六銀右 △8四角 ▲3七桂 △6四歩 ▲7五歩 △6五歩 ▲7四歩 △6六歩 ▲同金 △7六歩 ▲同金 △3九角成 ▲1八飛 △7五歩 ▲6五金 △2七銀  ▲5八飛 △3六銀不成▲5七角 △4九馬 ▲4八飛 △同馬 ▲同角 △8六歩 ▲同歩 △8七歩 ▲同玉 △6九飛 ▲6六角 △8九飛成 ▲8八金 △9五桂 ▲9六玉 △9九龍 ▲6四角 △6二飛 ▲8五玉 △6四飛 ▲同金 △8二香 ▲7五玉 △8四角 ▲6五玉 △6六角 ▲同玉 △3九角 ▲5七銀 △4七銀成 ▲4八歩 △5七成銀 ▲2五桂 △4八角成 ▲3三桂成 △同桂 ▲4一銀 △5六成銀 ▲同玉 △5九龍
▲6五玉 △5五龍 ▲7六玉 △7五歩 ▲6七玉 △5八龍 まで後手の勝ち
2.脇システムで先手が攻めまくるが受けられ反撃を決められる定跡
160306_5.jpeg 160306_6.jpeg
図からの指し手
▲6四角 △同銀 ▲2六銀 △6九角 ▲1五歩 △同歩 ▲同銀 △同香 ▲同香 △4七角成 ▲1三歩 △同桂 ▲4一角 △6二飛 ▲3二角成 △同飛   ▲1九香 △1二歩 ▲1三香成 △同歩 ▲2四桂 △同歩 ▲同歩 △同銀 ▲同飛 △2三銀 ▲1一銀 △3三王 ▲2三飛成 △同王 ▲2二金 △同飛 ▲2四歩 △3三王 ▲2二銀不成△同王 ▲1三香成 △同王 ▲2三飛 △1四王 ▲4三飛成 △1八飛 ▲2六銀 △7八飛成 ▲同玉 △8六桂 ▲同銀 △6九銀 ▲8八玉 △7九角 ▲9八玉 △8八金 ▲9七玉 △8九金 ▲9八玉 △8八角成 まで後手の勝ち

この1週間時間がある時に何回も何回も繰り替えし再生していました。

■やってみて感じた効果
・はじめは頭の中で符号を読み上げながらゆっくりだった
・手順も間違えたりしてかなり時間がかかった
→そのうち符号を読んでるとスピードが上がらないと思い、符号なしで駒を動かすように修正
→ポイントポイントで一瞬で数手進められるところがでてくるようになった。
 (谷川さんの86歩〜87歩〜89龍〜95桂)など
今日時点でのタイム
1. 73手を40秒
2. 56手を27秒

偶然ですが今日の対局で脇システムに似た局面になり、定跡通りの手順で快勝することができました。効果がありそうな感じがするので、しばらくこの勉強法を継続しようと思います。

コメント

非公開コメント

プロフィール

koh

Author:koh
30代会社員の将棋上達日記です
好きな棋士 
渡辺明 郷田真隆 
金井恒太 井上慶太

最新トラックバック

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。