スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ribaudy.blog.fc2.com/tb.php/300-edec019e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

A級順位戦最終局の感想

昨日はA級順位戦の最終局でした。
ニコニコ生放送で初めてプレミアム会員になってしまいましたが、
内容はとてもおもしろかったです。20時から1時まで釘付けでした。
印象に残ったのはまず久保ー森内戦でした。相振飛車になり藤井九段推奨の▲96飛型から久保さんが魅せてくれました。
160228_2.jpeg
46手目からの指し手
▲7五歩 △6五金 ▲6六歩 △7五金 ▲6五歩 △同金 ▲8五歩 △同歩
▲4五銀 △同銀 ▲2六飛
6筋7筋の歩を消すマジックのような手筋から▲26飛と回って2筋突破を見せて快調にさばきました。
が、相手は森内元名人でさすがの受けが出て飛車は成りこめず激戦に。

夕食休憩以降はどの将棋も難しい終盤になりとてもおもしろかったです。
解説陣の中で印象にのこったのが佐々木さんと田村さんでした。
藤井さんや千葉さんは難しい局面になると「うーんわからないですね」で通り過ぎてしまったのに対して
佐々木さんは”もう一回頑張って考えましょう”と言って粘り強く考えていました。
また、田村さんの早見えは圧巻でした。
160228.jpeg
図は久保ー森内戦の最終盤ですが
藤井さん「これ詰むのかな?」
・・間2、3秒・・
田村さん「これは詰みですね」
いろんな変化でビシビシ手を言ってて手の見え方がすさまじかったです。
頭の中で将棋の駒の動きのスピードが私の10倍くらい早いんじゃないかと思うくらいでした。
今の自分に足りないものが”読みのスピード”と”読みの正確さ”であることがよくわかりました。
詰将棋を短い時間で早く解く訓練をしようとおもいます。

もう一局おもしろかったのが屋敷ー郷田戦です。
160228_3.jpeg
図は最終盤で郷田さんがどう決めるのかという局面ですが、先手玉が詰みそうで詰まない。解説陣の検討では打ち歩詰めになるという結論が出ましたが実戦もその通りに進んで詰みはないものの必死がかかって郷田勝ち
図からの指し手
△6八銀 ▲7八玉 △7七銀成 ▲同玉 △6八銀
▲7六玉 △6五銀 ▲8五玉 △7四銀 ▲7六玉 △6五金
▲6七玉 △4五馬 ▲5六歩 △同馬 ▲同龍 △同金
▲同玉 △5七飛 ▲同金 △同角成 ▲5五玉 △5四歩
▲同玉 △6三金 ▲5五玉
一直線になるとプロは頭の中でこんな先まで読むんですね。詰まないのにこの変化に突っ込んだ郷田さんさすがとしかいいようがありません。

結局挑戦佐藤天彦、降級郷田久保となりました。
郷田ファンとしては残念ですが、今日の勝ち方はとても強いと思ったのでまた復活してくれると期待しています。

ニコニコ生放送で順位戦をはじめて観戦しましたが将棋とはこんなにおもしろいのかと思いました。
5つの対局がかわるがわる進行して、リアルタイムのスピード感をすごく感じました。
NHKの中継だと終局の様子とか解説者のコメントとか私からするとあまり興味がない絵ばかり写すのに対して藤井さんの司会は”これはしばらく動かないから次いきましょう”、”じゃあここはじっくり検討しましょう”とリズムよく盤面が切り替わっていってとてもおもしろかったです。
詰む詰まないの変化が多くプロの将棋を堪能した一日でした。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ribaudy.blog.fc2.com/tb.php/300-edec019e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

koh

Author:koh
30代会社員の将棋上達日記です
好きな棋士 
渡辺明 郷田真隆 
金井恒太 井上慶太

最新トラックバック

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。