スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ribaudy.blog.fc2.com/tb.php/299-c24a1de4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

終盤戦を落とす

今日のNHK杯は藤井-久保戦で解説羽生名人ということで楽しみにしていました。
相振飛車にはなりませんでしたが、おもしろい将棋でした。

図は矢倉の終盤戦です。(後手が私です)
160221.gif
先手の攻めは超芋攻めでこれなら何とかなると思っていたのですが・・・
73手目からの指し手
△8六歩 ▲同歩 △8八歩 ▲3二銀成 △同金
▲4三金 △4一銀 ▲5三銀成 △2二王 ▲4二歩 △8九歩成
73手目からの私の攻めは玉の近くにと金ができて悪くないと思っていました。
160221_2.gif
87手目からの指し手
△8八と ▲6九玉 △5七歩 ▲4二成銀 △7八金 ▲5九玉 △7七歩成 ▲3一銀 以下後手即詰み
△78金が大悪手で△78金▲59玉△69金の三手詰がありました・・・
△57歩にてっきり同銀ととるものだと思っていたので△57歩が詰めろかを考えていない。
自玉が危なくなると相手玉の手をきちんと考えられない病が出てしまいました。
しかしこの将棋は先手玉をどう寄せるのがよかったのでしょうか?△57歩も▲同銀ととられると詰めろが続かないので
本譜は後手負けの感じです。
GPS先生と解析するとどうも80手目の△41銀がよくないようです。ここで△89歩成から攻め合った方がよかったみたいです。下手に受けると早くなる典型でした。後手玉は意外と耐久力あるんですね。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ribaudy.blog.fc2.com/tb.php/299-c24a1de4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

koh

Author:koh
30代会社員の将棋上達日記です
好きな棋士 
渡辺明 郷田真隆 
金井恒太 井上慶太

最新トラックバック

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。