スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ribaudy.blog.fc2.com/tb.php/290-d598de86

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

決めるべきところは決める

図は矢倉37銀戦法の中盤戦です(後手が私です)
160109
角を殺されて駒損ですが、先手の駒の働きが悪く、金銀を手持ちにして有利だと思いました。
図からの指し手
△35歩 ▲77金

77金と上がられて守られてしまいました。
△98歩とたたける歩が欲しくて先に35歩としたのですが何はともあれ
△87金▲79玉を決めておくべきでした。87金は決めても88歩とたたかれるようなこともなく
ノーリスクの手でした。あとから35歩としてゆっくり98歩から攻めれば優勢でした。

少し進んで次の図になりました
160109_2
図からの指し手
△43金引 ▲86馬

てっきり42馬と飛車を取ってくると思っていたのですが馬を引かれて先手玉が鉄壁になってしまいました。
ここでも△87銀から清算しておくべきでした。
この後3枚の大駒に大活躍されて将棋は負け。

■教訓
決めるべきところは決めないといけない。
含みを持たせて保留するところと、決めるところを見極める
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ribaudy.blog.fc2.com/tb.php/290-d598de86

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

koh

Author:koh
30代会社員の将棋上達日記です
好きな棋士 
渡辺明 郷田真隆 
金井恒太 井上慶太

最新トラックバック

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。