スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ribaudy.blog.fc2.com/tb.php/228-032c83bd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ゆっくり攻められて負け

図は矢倉の中盤戦です。自玉が固く攻め合いなれば有利になると思っていたのですが、
ここで間違えてしまいました。
本譜は▲37桂でしたが△36歩からと金を作られ結局角をただでとられてしまいました。
ここでは▲27飛と浮く手がありました。
△38歩成なら▲47飛で銀がとれました。

■なぜ▲37桂と指してしまったのか?
・37桂~45桂の活用が味よく見えて、
 と金ができるよりも大きいと思ってしまった。
・攻め合いになれば自玉が固いので有利だと思っていた
・と金ができても飛車をかわしておけば大丈夫と思っていた
 実際は飛車角が近くにいたため2枚とも逃げることができずにつかまってしまった

歩と銀だけの攻めなのに読みが粗かったです。


(棋譜を見やすい将棋盤で表示するために,Fireworks さんが作成されたアニメーション付棋譜再現プレーヤー 「フラ盤」を使用させていただいています.)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ribaudy.blog.fc2.com/tb.php/228-032c83bd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

koh

Author:koh
30代会社員の将棋上達日記です
好きな棋士 
渡辺明 郷田真隆 
金井恒太 井上慶太

最新トラックバック

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。