スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ribaudy.blog.fc2.com/tb.php/205-2c7b831e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

玉は下段に落とせ>金はとどめに残せ

久しぶりの投稿です。

最近対局後に将棋盤で駒を並べなおして感想戦をする勉強をしています。
特に終盤の1手1手をよく振り返るようにしています。

実戦に出てきた詰将棋を投稿しようと思います。

(上側が先手です.)

(下側が後手です.)

(棋譜を見やすい将棋盤で表示するために,Fireworks さんが作成されたアニメーション付棋譜再現プレーヤー 「フラ盤」を使用させていただいています.)

▲33金 △同銀 ▲同歩成 △21玉 ▲32銀 △同飛 ▲同と  
ここで
①△同玉なら
▲33飛 △41玉 ▲32銀 △42玉 ▲54桂 で詰み
ここで
②△12玉なら 
▲23銀 △同玉 ▲33桂成 △13玉 ▲23飛 △12玉 ▲22飛成 で詰み

15手詰めでした。

本譜は1手目で"金はとどめに残せ"の格言に従い33銀と打ったため23玉で詰まなくなってしまいました。
金を使っても玉を下段に落とすほうが勝るという局面でした。
詰ますしかない局面だと詰みだけを読めるのですが、自玉にまだ余裕があると詰めろと詰みを両方考えてしまうので
正しく読めないのが課題です。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ribaudy.blog.fc2.com/tb.php/205-2c7b831e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

koh

Author:koh
30代会社員の将棋上達日記です
好きな棋士 
渡辺明 郷田真隆 
金井恒太 井上慶太

最新トラックバック

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。